出張細断サービス

機密文書出張細断サービス

新潟市では2005年10月1日より再生可能な紙ゴミに対して、市営の焼却場への持込搬入が出来なくなりました。これは事業所から出される可燃ごみのうち約6割は紙類で、なかでも新聞・雑誌・ダンボール・OA用紙など、リサイクル可能の古紙が大半を占めているからだそうです。このままでは処理費用を費やすだけでなく、環境負荷が増すという大きな課題にもなっていました。

また、2005年4月よりすでに個人情報保護法が施行されたことから、機密文書の書類を曖昧に処分することは、個人情報が漏洩し犯罪にもつながる恐れがあるとして、その方法には十分配慮しなければなりません。

機密文書の処理方法にはいくつかありますが、機密性や安全性と、処理をするその手間、それらにかかるトータルコストを十分考慮して選択することが必要です。


出張細断サービス 概要
尚、当たり前ですが安全性が高まれば高まるほど、手間が省ければ省けるほど処理コストは高くなります。

機密文書の処理方法

         

NO

処理方法

ポイント

 

コスト

安全

リサイクル

 

自社

1

 自社内のシュレッダで細断

←おすすめです

外注

2

 処理業者に回収してもらう

×

 

3

 処理業者に持ち込み

×

 

4

 機密文書専門業者に回収してもらう

 

5

 シュレッダ出張サービスで目の前で細断

←おすすめです
※ ○満足  △やや満足  ×不満
※ コストには直接経費と間接経費の両方を考慮することが必要です
※ 一般的には、安全性が高まるほど、手間が省けるほどコストは高くなります


   処分方法・出張細断サービスの流れ・料金 

安全性が第一

大型シュレッダーを載せたトラックでお客様を直接訪問し、お客様の目の前で細断を致します。
シュレッダーゴミは資源としてそのまま持ち帰り、製紙工場の溶解施設へと運ばれます。

お客様の目の前で機密文書を細断 → セキュリティーは万全
1時間で1.5tの処理能力 → スピーディー
必要なときだけ利用 → 効率的で経費削減
細断紙片を再生紙などで再利用 →
環境に配慮

   
出張裁断Q&A
 

禁忌品(きんきひん) ※ 紙類で再生できないもの

 
 感熱紙  FAX・WP等の熱転写記録用紙
 感光紙  図面等に使う青焼きコピー紙
 汚れた紙  特に油のついている紙
 裏カーボン紙  伝票や帳票などに使用
 アルミ加工紙  アルミ加工されている紙
 油紙  油加工した紙
 防水加工紙  樹脂をフィルム加工した防水性の高い紙
 外にも写真・セロファン・カビの発生した紙・布貼紙・ロウ加工した紙等があります。
※ 細断書類は軒下までご準備お願いいたします。 (移動ご依頼の場合は別途見積り致します)
※ 禁忌品などはご遠慮下さい。 (除去作業ご依頼の場合は別途見積り致します)
※ 駐車スペースを確保してください。 (約9×3mの駐車・作業スペースが必要です)
※ 処理時間は1時間当たり1〜1.5tが可能です。
 
 
  出張細断サービスに関するお問い合わせはこちら